ここから本文です

辻仁成×SUGIZO シンパシー感じ共演

カナロコ by 神奈川新聞 8月30日(火)12時1分配信

 ロックバンド「LUNA SEA」「X JAPAN」のギタリストで、バイオリニストとしても活躍するSUGIZO(47)=秦野市出身=が、歌手で作家の辻仁成(56)が東京・渋谷で開いたライブのアンコールにサプライズ出演した。

 2人の出会いは2014年。SUGIZOのバイオリンが好きだった辻が、自身の芥川賞受賞作品「海峡の光」(1996年)を中村獅童主演で舞台化する際、音楽制作を依頼した。昨夏には、辻が監督をした映画(2017年公開予定)にSUGIZOが出演し、音楽を担当するなど交流を深めている。

 公演は、辻がバンド「THE JINSEIZ」を率いて行った東名阪ツアーの最終日(6日)で、未発表の新曲のほか、ロックバンド「ECHOES」の「ZOO」など幅広く披露。「何か特別な企画を」と考えた辻がSUGIZOに「出てくれたら…」とメールをしたところ、「もちろんです」と快諾し実現した。

 「シンパシーを感じている」と話す両者。空気を切り裂くようなSUGIZOのバイオリンの音に合わせて、辻が「ガラスの天井」を歌い始めると、見えないうねりのようなものが生まれ、その力に圧倒された会場からは、どよめきが起きた。

 中盤では、辻とSUGIZOが向かい合い、互いにアコースティックギターで“会話”をする場面もあり、客席は大盛り上がりに。ライブでの初共演を無事に終えた2人は、舞台上で抱き合い、笑顔を見せた。

 SUGIZOは「辻さんの言葉の力がすごかった」と感嘆した様子。辻は「ユニットを組みたい」と再共演に意欲を見せていた。

最終更新:8月30日(火)12時1分

カナロコ by 神奈川新聞