ここから本文です

森山直太朗「夏の終わり」新MV公開「気の合う仲間と居心地の良い空間でセッションしてみました」

Billboard Japan 8月30日(火)14時21分配信

 デビュー15周年を記念し、9月21日にオールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリースする森山直太朗。そのアルバムにも収録される「夏の終わり」の新たなミュージックビデオ(https://youtu.be/Mm6a2NZ0h_I)が公開された。

森山直太朗 写真一覧

 撮影は8月上旬。近年のツアーでもお馴染みの気心の知れたバンドメンバーがスタジオに集まり、一度限りのライブセッションを実施。スタジオには小物や布、ギターなど多くの本人私物が持ち込まれ、リラックスした雰囲気の中で演奏が行われた。

 「夏の終わり」はデビュー翌年の2003年にリリース。朝夕の風にそこはかとない秋の気配を感じ始めるこの季節になると、毎年必ず聴きたくなる定番曲として、幅広い世代から親しまれている。当時のMVもミュージシャンたちとスタジオでライブセッションを行った一発撮り映像だったが、13年の時を経た今回も同様にライブテイクでの撮影となった。誰しもの心の奥にある郷愁を呼び起こす、普遍性を湛えた名曲を、2016年の森山直太朗が今の歌声と演奏でアップデートしている。

 なお、この日のライブセッションでは「どこもかしこも駐車場」「涙」など他の曲も演奏され、「夏の終わり」を含む8曲の映像が「大傑作撰」初回限定盤の特典DVDに収録される。

◎森山直太朗コメント
気の合う仲間と居心地の良い空間でセッションしてみました。
また新たな表現で聴いてもらえる「夏の終わり」になったのではないかと思います。
この映像でオールタイムベスト「大傑作撰」をより楽しんでいただけたら幸いです。

最終更新:8月30日(火)14時21分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。