ここから本文です

テイラー・スウィフト、 強姦事件の陪審員に選ばれなかったワケ

クランクイン! 8/30(火) 12:33配信

 トム・ハンクスやブラッド・ピット、マドンナ、メル・ギブソンなど、様々なセレブが一般人と同じように陪審員候補者として召集され、実際に陪審員に選ばれたり、何らかの理由で選ばれなかったりする。歌手テイラー・スウィフトの場合は、テイラーの発言により陪審員に選ばれなかったことがわかった。

【関連】「テイラー・スウィフト」フォトギャラリー


 TMZによると、テイラーは加重強姦・誘拐罪に問われている男性の刑事裁判の陪審員候補となり、陪審員の選定において容疑者が鈍器を使って女性に性的暴行加えた事件で公平になれるか、判事に尋ねられたという。テイラーは質問を受け、自分がコロラド州で痴漢の被害に遭った事件で裁判になっていることを伝えたそうだ。

 テイラーは2015年、テイラーに不当解雇されたとして訴訟を起こしたDJを相手取り、このDJに2013年、バックステージでスカートをめくられお尻を触られたとして逆提訴した一件がある。テイラーは判事に公平性を欠く陪審員になると判断され、今回のレイプ事件では陪審員に選ばれなかったとのことだ。

 当日、裁判所の待合室で他の陪審員候補者と共にいたテイラーは、1人のリクエストに応え写真撮影に応じたという。その人物の娘という女性が自身のツイッターにその写真を投稿したが、騒がれたため現在は削除されている。

最終更新:8/30(火) 12:33

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革