ここから本文です

北陸舞踊大会に向けリハ 高岡で花梨の会 

北日本新聞 8月30日(火)22時3分配信

 9月11日に県高岡文化ホールで開かれる第8回北陸舞踊大会を前に、出演する「花梨(かりん)の会」(幅田花梨会主)は30日、高岡市の出来田深沢公民館でリハーサルを行った。

 同会は2002年に発足し、市内を中心に8教室を持つ。会員約50人が「よりそい傘」「ふりむけば日本海」などの演歌や民謡を練習。振り付けや所作、立ち位置などを確認した。幅田会主は「歌の物語を動きで伝えられるような舞を披露したい」と話した。

 大会は、キングレコード舞踊普及会などが、2年に1回開催。当日は翔の会や松美会、美竹会といった県内団体や、同普及会の教授らも加わり、約80人があでやかな女踊りから力強い男踊りまでを多彩に繰り広げる。プロの演歌歌手もゲスト出演する。北日本新聞社後援。

 午前10時半に開演し、入場料は2千円。問い合わせは幅田会主、電話0766(22)6899。

北日本新聞社

最終更新:8月30日(火)22時3分

北日本新聞