ここから本文です

イチロー、3011安打で単独27位浮上! 二盗決め日米通算23年連続2ケタ盗塁

ベースボールキング 8月30日(火)12時10分配信

○ メッツ 2x - 1 マーリンズ ●
<現地時間8月29日 シティ・フィールド>

 マーリンズのイチローが29日(日本時間30日)、敵地でのメッツ戦で2安打1盗塁の活躍を見せた。安打数はメジャー通算3011本目となり、ウェイド・ボッグスを抜き歴代単独27位に浮上。今季10盗塁目で日米通算23年連続2ケタ盗塁とし、リッキー・ヘンダーソンの持つメジャー記録に並んだ。

 イチローは「6番・右翼」で2戦連続の先発出場。相手の先発右腕・モンテロの前に2回の第1打席は空振り三振に倒れたが、二死無走者で迎えた4回の第2打席では、初球の直球を左前へ運んだ。

 すると次打者・スクラグスの打席で、今季10盗塁目となる二盗に成功。これが日米通算23年連続の2ケタ盗塁となり、ヘンダーソンの記録に肩を並べた。

 イチローは0-0で迎えた8回にも、二死無走者の場面で中継ぎ右腕・リードから二塁打を放ち、後続の適時打で先制のホームイン。この日は4打数2安打、1盗塁1得点の活躍で打率を.298とした。

 それでもマーリンズは、打線が5安打1得点に終わり延長10回サヨナラ負け。投手陣は辛抱強く打線の援護を待ったが、9回からイニングを跨いで登板した5番手のウィトグレンが、10回二死からサヨナラ弾を浴びた。

BASEBALL KING

最終更新:8月30日(火)12時11分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]