ここから本文です

直近4戦で11安打! ラミレス采配的中で“3番”ロペスが大爆発

ベースボールキング 8月30日(火)16時50分配信

 ようやく、DeNAのロペスが長い眠りから目覚めた。

 今季は不動の5番として打線に組み込まれ、4番・筒香嘉智の後ろに控える形だった。しかし、大化けした“怪物”との勝負を避ける投手も少なくなくなってきたこともあり、ロペスは厳しい勝負を強いられた。

 そして、8月13日の広島戦(第2打席)から8月24日の阪神戦にかけて30打席連続無安打。ついにラミレス監督は大きな決断を下す。8月25日阪神戦からロペスの打順を3番に移した。

 この打順変更はラミレス監督の大きな賭けだった。報道陣からの質問は日に日に厳しさを増す。

「なぜロペスを使い続けるのか」

「二軍で再調整させるという考えはないのか」

「打順を落として楽な場所で打たせてみては」

 しかし、ラミレス監督は一貫して同じ回答を続けた。

「スランプは誰しもがある。私はチャモ(ロペス)の力を信じている。大きなスランプの後には大きな波がくる。自分の現役時代の経験でもそうだった」。

 8月25日の阪神戦。ロペスの打順は3番に繰り上がった。

 勝負を避けられる筒香の後ろを打つよりも、筒香の前を打つことで、相手バッテリーはストライクゾーンで勝負してくる。また、ロペス自身の重圧も軽減されるとみた。

 采配は的中した。この試合で31打席ぶりの安打、そして本塁打も放った。試合には敗れたが光が差した。そこからの4試合で、打率.688(16-11)、2本塁打と大爆発。チームは2位・巨人相手に3連勝をマークした。

 27日の巨人戦でお立ち台に上がったロペスは言った。

「調子は上がってきた。状態もいい。楽しくプレーして、みなさんと一緒にクライマックスシリーズに行きたい」。

BASEBALL KING

最終更新:8月30日(火)16時50分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]