ここから本文です

カバーニ&ディ・マリア超えか パリSG、史上最高額でドラクスラー獲得へ

SOCCER KING 8/30(火) 12:06配信

 パリ・サンジェルマンが、クラブ史上最高額の移籍金でヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを獲得しようとしていることが明らかになった。29日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

 同紙によると、パリ・サンジェルマンはドラクスラー獲得に移籍金7500万ユーロ(約85億5000万円)を準備している模様。この額は、2013年にナポリから加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの6500万ユーロ(約74億円)、2015年にマンチェスター・Uから加入したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの6300万ユーロ(約71億8000万円)を抑えて、クラブ史上最高額となるようだ。

 現在22歳のドラクスラーは、昨夏にシャルケからヴォルフスブルクに5年契約で加入した。ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴールを記録したほか、ドイツ代表として臨んだユーロ2016では、5試合で1ゴールをマークしている。

 パリ・サンジェルマンはリーグ開幕から3試合を終えて2勝1敗。今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ監督のもとで5連覇を達成するため、大型補強は実現するのだろうか。

SOCCER KING

最終更新:8/30(火) 12:06

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報