ここから本文です

英紙もバルサGKのパス本数に驚き? プレミアのフィールド選手とも比較

SOCCER KING 8月30日(火)16時58分配信

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節のアスレティック・ビルバオ戦でGKとしてリーグ記録となるパス本数をマーク。29日付のイギリス紙『デイリーミラー』は、同じ週に行われたプレミアリーグ第3節での各選手のパス本数データと比較した。

 同紙によると、テア・シュテーゲンはアスレティック・ビルバオ戦で51本のパスを記録。プレミアリーグ第3節で最も多くのパスを繋いだ、ストークに所属するアイルランド代表GKシェイ・ギヴン、トッテナムに所属するオランダ代表GKミシェル・フォルムの26本のほぼ2倍となる数字となっている。

 さらに驚きの比較として、同紙はフィールドプレーヤーのパス本数データも紹介。マンチェスター・Cのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの49本、リヴァプールに所属する元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの43本、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの39本をも、テア・シュテーゲンは越えていたようだ。

 もちろん各チームのサッカーにも違いがあり、単純にパス本数だけで選手を評価することはできないが、GKでこれだけの数字を残すのは衝撃的であることは間違いない。

SOCCER KING

最終更新:8月30日(火)17時19分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。