ここから本文です

英紙もバルサGKのパス本数に驚き? プレミアのフィールド選手とも比較

SOCCER KING 8/30(火) 16:58配信

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第2節のアスレティック・ビルバオ戦でGKとしてリーグ記録となるパス本数をマーク。29日付のイギリス紙『デイリーミラー』は、同じ週に行われたプレミアリーグ第3節での各選手のパス本数データと比較した。

 同紙によると、テア・シュテーゲンはアスレティック・ビルバオ戦で51本のパスを記録。プレミアリーグ第3節で最も多くのパスを繋いだ、ストークに所属するアイルランド代表GKシェイ・ギヴン、トッテナムに所属するオランダ代表GKミシェル・フォルムの26本のほぼ2倍となる数字となっている。

 さらに驚きの比較として、同紙はフィールドプレーヤーのパス本数データも紹介。マンチェスター・Cのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの49本、リヴァプールに所属する元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの43本、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの39本をも、テア・シュテーゲンは越えていたようだ。

 もちろん各チームのサッカーにも違いがあり、単純にパス本数だけで選手を評価することはできないが、GKでこれだけの数字を残すのは衝撃的であることは間違いない。

SOCCER KING

最終更新:8/30(火) 17:19

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。