ここから本文です

トッテナムMFシャドリがWBAに完全移籍「多くの勝利に貢献したい」

SOCCER KING 8月30日(火)17時4分配信

 ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)は29日、トッテナムからベルギー代表MFナセル・シャドリを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 契約期間は4年間で、地元紙『バーミンガムメール』によると、移籍金は1300万ポンド(約17億4000万円)。 背番号はトッテナムやベルギー代表と同じ「22」に決まっている。

 現在27歳のシャドリは、2013年夏にオランダのトゥウェンテからトッテナムに移籍し、同年8月にプレミアリーグデビューを果たした。トッテナムでは3シーズンで公式戦119試合に出場し、25ゴールを記録した。

 同選手はクラブ公式サイトを通じて、「とても良い気分だ。(移籍は)すぐに決まったことだけど、クラブとよく話をした。いいチームだし、いい監督がいる。このクラブに加入できてとても満足しているよ。僕の野望? できるだけ多くチームの勝利に貢献したいと思っているよ」とコメントした。

SOCCER KING

最終更新:8月30日(火)17時4分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。