ここから本文です

新生イングランド、MF登録のルーニーら順当選出…テリーは代表復帰ならず

ゲキサカ 8月30日(火)8時26分配信

 イングランドサッカー協会(FA)は28日、W杯欧州予選に臨むイングランド代表メンバー23人を発表した。

 イングランドは、ロイ・ホジソン前監督の解任により、サム・アラダイス氏が新指揮官に就任。初陣となる今回のメンバーに、ウエスト・ハムのMFマイケル・アントニオを初招集した。また、長期離脱から復帰したDFルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)、MFダニー・ドリンクウォーター(レスター・シティ)、MFセオ・ウォルコット(アーセナル)、DFフィル・ジャギエルカ(エバートン)を代表復帰させた。FWウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)はMF登録での招集となっている。

 一方、EURO2016に招集された18歳FWマーカス・ラッシュフォードはU-21代表に招集されたため、今回の招集は見送られ、MFジャック・ウィルシャーやMFジェームス・ミルナー(リバプール)らも選外となっている。また、4年ぶりの代表復帰が噂されたDFジョン・テリー(チェルシー)も招集されていない。

 イングランドは、スロバキアとスコットランド、スロベニア、リトアニア、マルタと同じグループFに所属。欧州予選の初戦となる4日に、アウェーでスロバキアと対戦する。

 以下、イングランド代表メンバー

▽GK
フレイザー・フォスター(サウサンプトン)
ジョー・ハート(マンチェスター・C)
トム・ヒートン(バーンリー)

▽DF
ガリー・ケーヒル(チェルシー)
ナサニエル・クライン(リバプール)
フィル・ジャギエルカ(エバートン)
ダニー・ローズ(トッテナム)
ルーク・ショー(マンチェスター・U)
クリス・スモーリング(マンチェスター・U)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
カイル・ウォーカー(トッテナム)

▽MF
デレ・アリ(トッテナム)
マイケル・アントニオ(ウエスト・ハム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ダニー・ドリンクウォーター(レスター・シティ)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
アダム・ララナ(リバプール)
ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
セオ・ウォルコット(アーセナル)

▽FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
ダニエル・スターリッジ(リバプール)
ジェイミー・バーディ(レスター・シティ)

最終更新:8月30日(火)8時27分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。