ここから本文です

右足ふくらはぎ負傷の長友が軽傷強調「心配して下さるファンのみなさん安心して」

ゲキサカ 8月30日(火)9時11分配信

 インテルに所属するDF長友佑都が、自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を通じて軽傷を強調した。

 長友は右足ふくらはぎを負傷し、28日に行われたセリエA第2節パレルモ戦を欠場。W杯アジア最終予選に臨む日本代表メンバーに招集されていたが、今回の負傷により参加は見送られた。

 インテルのフランク・デ・ブール監督はパレルモ戦の前日会見で、「現時点で彼の怪我はそれほどひどくないものだと聞いている」と深刻なものではないと話していた。長友も自身のツイッターを更新し、「怪我は軽症ですので、心配して下さるファンのみなさん安心して下さい」と軽傷を強調した。

 また、W杯アジア最終予選に臨む日本代表に向けては、「代表に行けないのは残念ですが、イタリアから全力で応援します!みんなの思いを一つに」とエールを送っている。日本代表は、9月1日に埼玉スタジアムでUAE代表、6日にバンコクでタイ代表と対戦する。

最終更新:8月30日(火)9時11分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。