ここから本文です

劇的弾も1人冷静なフェライニ、身動き取れない女性ファンを気遣う

ゲキサカ 8月30日(火)11時36分配信

 マンチェスター・ユナイテッドは27日、プレミアリーグ第3節でハル・シティと対戦し、後半アディショナルタイムのFWマーカス・ラッシュフォードの決勝点によって1-0の勝利をおさめた。劇的ゴールで沸く中、ベルギー代表MFマルアン・フェライニだけは1人冷静だった。英『サン』が報じている。

 昇格組ハルに苦戦を強いられたユナイテッドは、後半26分にラッシュフォードを今季初出場させた。試合はスコアレスのままアディショナルタイムに突入したが、同2分にFWウェイン・ルーニーのラストパスをラッシュフォードが右足で押し込んだ。

 劇的ゴールのラッシュフォードはコーナーフラッグ付近に駆け寄り、ファンと共に喜びを爆発。ピッチにファンもなだれ込む“カオス”な事態に発展していた。そんな中、フェライニが見せた“気遣い”が話題となっている。

 後ろのファンに押され、最前列で身動きが取れなくなった高齢の女性をフェライニが発見。真横でチームメイトが興奮を抑えきれないでいる中、フェライニは冷静にその女性を気遣い、手を差し伸べた。試合に戻る際には警備員にその女性の救出を託している。

 ジョゼ・モウリーニョ体制で開幕から3試合連続でフル出場するなど、スタメンの座を勝ち取ったフェライニ。そうしたメンタル面での安定がこういった場面でも出たのかもしれない。

[写真]金髪アフロのフェライニがピンクのフードを被った女性を気遣う

最終更新:8月30日(火)11時36分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。