ここから本文です

アルゼンチン、アグエロ&パストーレが負傷により代表不参加

ゲキサカ 8月30日(火)12時8分配信

 アルゼンチンサッカー協会は28日、W杯南米予選に臨むアルゼンチン代表に、マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロと、パリSGのMFハビエル・パストーレが参加しないことを発表した。

 同協会によると、アグエロは左ふくらはぎを痛め、パストーレは右足ヒラメ筋を痛めたとのことだ。現時点で、2選手の離脱による追加招集は発表されていない。また、FWリオネル・メッシも左足ハムストリングを負傷し、今後の回復次第では欠場の可能性もある。

 南米予選で3位につけるアルゼンチンは、9月1日にウルグアイ代表、6日にベネズエラ代表と対戦する。

最終更新:8月30日(火)12時8分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。