ここから本文です

ベンゲル監督が試合に飢えるウィルシャーのレンタル検討…ただし“ライバルチーム”は除く

ゲキサカ 8月30日(火)15時47分配信

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーをレンタル移籍させる方針のようだ。英『ミラー』が伝えている。

 ウィルシャーは28日に発表されたイングランド代表メンバー23人から落選。同紙によると、ウィルシャーはアーセナル側と話し合い、クラブで出場機会が与えられないために同代表に選出されなかったのではないかと訴えたという。ベンゲル監督はウィルシャーに対して長期的な計画を持っているとされ、彼に試合経験を積ませてコンディションを整えさせるため、レンタル移籍をすることも検討し始めたようだ。

 同紙では移籍先の候補として、ライバルとなるプレミアリーグのチーム、特にトップ4のチームに貸し出す可能性はないと報じており、移籍先はイタリアかスペインが有力のようだ。その中でバレンシアがウィルシャーの獲得を狙っていると言われている。

 なお、ウィルシャーがクラブを離れる場合は、あくまで一時的なものになるという。彼はアーセナルとの契約をあと2年残しており、完全移籍するつもりはないとされている。

最終更新:8月30日(火)15時47分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]