ここから本文です

アジア杯の二の舞御免…森重が語るUAE対策のポイントは「集中力」と「裏のケア」

ゲキサカ 8/30(火) 20:29配信

 9月1日のW杯アジア最終予選・UAE戦(埼玉)、6日の同タイ戦(バンコク)に臨む日本代表は30日、埼玉県内で合宿3日目のトレーニングを行った。この日からMF清武弘嗣(セビージャ)とFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)の2人も合流。初めて全24選手で調整した。

 アジア杯の二の舞は演じない。昨年1月のアジア杯準々決勝・UAE戦。立ち上がりの前半7分に一発のロングフィードで最終ラインの背後を突かれ、先制点を許した。後半36分に追いついたが、1-1のまま延長戦でも決着つかず、PK4-5で敗戦。立ち上がりの失点が重くのしかかり、5大会ぶりのベスト8敗退に終わった。

 この試合に先発していたDF森重真人(FC東京)は「集中力の問題。そこが大きい。DFライン全員、前のボランチともしっかり声をかけ合いながらやりたい」と、まずは試合の入り方に注意したうえで、「裏のケアが一番。最近の失点や(アジア杯の)UAE戦の失点もそこの対応の問題だった」と指摘する。

 アジア杯のUAE戦ではシンプルなロングボールでDFラインの裏を狙われ、たびたびピンチを招いた。10番のオマル・アブドゥルラフマンについてはハリルホジッチ監督も「彼をフリーにしてしまうと、どうなるか。10m離れたら、彼は好きなところにボールを送ってくる」と警戒。オマル・アブドゥルラフマンがボールを持ったとき、スピードのあるFWアリ・マブフートとFWアハメド・ハリルが即座にスペースへ動き出すのがUAEの必勝パターンだ。

 森重自身、「(オマル・アブドゥルラフマンは)どんな体勢でもパスが出せる選手。味方もそれを信じて走っている」と、すでにアジア杯で実体験済みだ。「DFとしては、前もって予測しておけば、いい対応ができる」と、UAEの攻撃を封じ込めるイメージはできている。

「7番(アリ・マブフート)と11番(アハメド・ハリル)はスピードがあるし、10番(オマル・アブドゥルラフマン)がボールを持ったときの前線の選手の動き出しには良いものがある。そこにしっかり対応したい。10番が持ったときに前線のFWが動き出すことをイメージしておけば、早めの対応ができる」

 森重にとっては初のW杯アジア最終予選。「いい緊張感があるし、何かしらアクシデントが起こるのは過去の歴史を見てもそう。自分のプレーだけでなく、レフェリーを含め、しっかり心の準備をして臨みたい」と表情を引き締める。

 今回はポジションを争うDF槙野智章(浦和)がケガで不在ということもあり、森重とDF吉田麻也(サウサンプトン)のコンビが先発するのは間違いない。練習前のランニングでは常に先頭を走るなど、森重の中でもチームの中心選手としての自覚や責任感が強まっているように見える。

 追加招集されたDF丸山祐市(FC東京)はもちろん、元FC東京のDF太田宏介(フィテッセ)、FW武藤嘉紀(マインツ)がそろってメンバー入りし、「にぎやかになったなと思う」と笑った森重。「代表で(太田)宏介やよっち(武藤の愛称)と会えるのはうれしい。お互いに近況報告をしたり、お互いのプレーを見て感じることもある。いいライバルでもあり、いい仲間だと思う」と、程よい緊張感の中でも落ち着いた精神状態でいるようだった。

最終更新:8/30(火) 22:20

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。