ここから本文です

モルガンS:9月の米利上げは忘れよう、5年債は引き続き買い

Bloomberg 8月30日(火)11時32分配信

米国債に強気のモルガン・スタンレーは、米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを来月見送るとみている。この見方を修正させるような当局者発言は、先週のワイオミング州ジャクソンホールでのシンポジウムでは出なかったという。

26日のシンポジウムでイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、利上げの根拠は「この数カ月で強まった」と発言。これを受けて同日の米5年債利回りは2カ月ぶり高水準の1.24%に達した。だが、モルガン・スタンレーは引き続き米5年債の購入を投資家に勧めている。金利先物が示唆する9月20ー21日の次回FOMCでの利上げ確率は42%まで上がった。先週初めは24%。フィッシャーFRB副議長は9月2日発表の米雇用統計が鍵を握ると指摘した。

同社のストラテジスト、マシュー・ホーンバック、グニート・ディングラ両氏は顧客向けリポートに、「米国債市場に関してわれわれの見方を揺さぶるような発言はジャクソンホールでなかった」とし、「8月の雇用統計は明らかなリスクとなるものの、われわれは引き続き、市場が示唆する9月の利上げ確率は100%ではなく、ゼロになると確信する」と述べた。

ブルームバーグが集計したデータによると、9月のFOMCで利上げがある確率を米金利先物は現在36%と織り込んでいる。欧州連合(EU)離脱を選択した英国民投票実施後の6月下旬はゼロとなっていた。

先週のシンポジウムやそれに先立つ場での米当局者の発言は市場を二分している。米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)もイエレン議長のコメントで特筆すべきことはなかったとする一方、ゴールドマン・サックス・グループと三菱UFJセキュリティーズは9月の利上げ確率を高めるほどタカ派的な内容だったとの見方を示した。

原題:Morgan Stanley Says Forget September Before Job Data (Correct)(抜粋)

第4段落以降に最新の利上げ確率や他社の見方を加えて更新します.

Kevin Buckland, Lilian Karunungan

最終更新:8月30日(火)16時8分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]