ここから本文です

台風10号:東北に上陸、横断へ、記録的大雨-トヨタ操業一時停止

Bloomberg 8月30日(火)11時59分配信

強い台風10号は岩手県大船渡市付近に上陸した後、東北地方を横断する形で進んでいる。記録的な大雨が予想される中、東北新幹線などが一部運休しているほか、トヨタ自動車が操業を一部停止するなど企業活動にも影響が出ている。

気象庁によると台風10号は30日午後6時前岩手県大船渡市付近に上陸。同7時40分現在は青森県八戸市の南を時速55キロで北西に向かっているもよう。中心の北東220キロ内と南西110キロ内は風速25メートル以上の暴風域。夜遅くに日本海に抜ける見込み。東北では平年の8月1カ月分の降水量を超える記録的大雨の地域があり、土砂災害、河川の増水・氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう気象庁は呼びかけている。

台風の影響でトヨタ自動車東日本は宮城県大衡村と岩手県金ケ崎町の車両工場の操業を30日一時停止した。31日には操業再開の予定。日本航空は釧路や秋田空港の運航便62便を欠航、2450人に影響が出ている。全日本空輸も国内線45便を欠航、旅客約2800人に影響が及ぶとしている。関東地区の鉄道や地下鉄はおおむね平常運行だが、東北新幹線や秋田新幹線がすでに一部運休している。

また、一部地域では台風の影響で携帯電話がつながらなかったり、つながりにくくなっている。NTTドコモは岩手県宮古市、宮城県気仙沼市の一部、ソフトバンクは宮古市の一部で影響が出ていると発表した。

第1段落以降の台風情報と、携帯電話への影響を追加しました.

Hiroyuki Nakagawa, Eijiro Ueno

最終更新:8月30日(火)20時25分

Bloomberg