ここから本文です

「iPhone 6」のタッチ画面が反応しなくなる--アップルに集団訴訟

CNET Japan 8月30日(火)10時30分配信

 タッチスクリーンが反応しなくなる問題をめぐって「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のユーザーがAppleを提訴したと、Reutersが米国時間8月29日付の記事で伝えた。

 この問題は、技術系サイトiFixitが最初に広く報じたもの。最新世代の「iPhone」に発生するとされ、「画面最上部に灰色のちらつくバーが表示され、タッチスクリーンが反応しなくなる」現象だ。

 iFixitの記事には、こう書かれている。「われわれが『タッチ病』と呼ぶ症状を起こしたスマートフォンが何台あるのか、正確に知る手だては無論ない。だが、話を聞いた修理技師の全員が、この問題はかなり頻繁に見られると語っている」

 Reuterによると、この訴訟「Davidson氏ら対Apple」の原告は、Appleがカリフォルニア州の消費者保護法に違反したとして、金額を特定しない損害賠償を求めている。この集団訴訟は、8月27日付で提訴された。

 この件でAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:8月30日(火)10時30分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]