ここから本文です

「おそ松さん」が歌舞伎とコラボ!6つ子モチーフの商品9月16日発売

映画.com 8月31日(水)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 人気テレビアニメ「おそ松さん」が、歌舞伎とコラボレーションしていることが明らかになった。6つ子それぞれのキャラクター性を反映した歌舞伎揚げ、アクリルキーホルダー、缶バッジ、クリアファイル、手ぬぐい、手鏡、巾着、あぶら取り紙が、9月16日から東京駅の松竹歌舞伎屋本舗や通販サイト「Froovie」などで販売される。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 歌舞伎を手がける松竹の企画・監修のもと、「おそ松さん」を制作したstudioぴえろが新たに描きおこしたデザインを使用。6つ子の基本形となるおそ松は、歌舞伎と聞けば誰もが思い浮かべる“仔獅子の精”、ツッコミ役のチョロ松は兄弟思いの“松王丸”、ハイテンション天然系・十四松はバカ殿のイメージが強い“一條大蔵卿”など、兄弟それぞれに歌舞伎の役どころがあてがわれている。

 さらにオンラインショップ「楽天アプリ市場コレクション」では、のれん、クリアポスター、ミニトート、ハンドタオル、ウォールステッカー、掛け軸がくじびき形式で販売。また、ファミリーマート店頭のマルチコピー機「ファミマプリント」では、ブロマイドがランダムで出力されるなど、多数のコラボ企画が展開される。なお年内には、さらなる新規描きおこしデザインを採用した第2弾商品化も予定されている。

最終更新:8月31日(水)6時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。