ここから本文です

『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X HD』発売記念! 藤田咲さんに聞く、ゲームのこと、ミクのこと

ファミ通.com 8月31日(水)0時2分配信

文・取材:編集部 ロマンシング★嵯峨、撮影:カメラマン 小森大輔

●ミクのライブを見るたびに、大事なのは“人の力”だと感じます
 2016年8月31日に9回目の誕生日を迎えた、電子の歌姫・初音ミク。世界中で歌声を響かせる彼女は、ゲームの世界でも大活躍している。つい先日(8月25日)にも、セガゲームスからPS4用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X HD』が発売されたばかりだ。

 本記事では、『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X HD』の発売を記念し、初音ミクのキャラクターボイスを担当している、声優の藤田咲さんのインタビューをお届け。初音ミク×セガ作品をプレイした感想や、ミクのライブの魅力などを語っていただいた。

※本記事は、週刊ファミ通2016年9月8日号(2016年8月25日発売)に掲載された記事に、加筆・修正を施した完全版です。


藤田咲さんプロフィール
10月19日生まれ。東京都出身。おもな出演作は『艦隊これくしょん -艦これ-』(赤城役など)、『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編』(忌村静子役)など。(文中は藤田)

●2016年度は初音ミク×セガ作品が豊作! 藤田さんが考える各作品の見どころ
――2016年度は、『初音ミク プロジェクト ディーヴァ フューチャートーン』(6月23日配信、以下『フューチャートーン』)、『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X HD』(以下、『プロジェクト ディーヴァ X HD』)、『初音ミク VRフューチャーライブ』(10月13日配信予定、以下『VRフューチャーライブ』)と、初音ミク×セガ プロジェクトのタイトルが、3作品も登場します。藤田さんが考える、各タイトルの魅力を教えていただけますか?
藤田 『フューチャートーン』はもともとアーケードゲームで、満を持してプレイステーション4で発売されたんですよね。アーケードゲームの6年分のボリュームが収録されているということで。すごくオトクですよね。

――曲数は220曲以上ですね。
藤田 私はときどきゲームセンターに行くので、アーケード版を楽しそうにプレイしている皆さんの姿をよく見ていました。家庭用版発売を機に、ぜひもっと多くの方にプレイしていただきたいなと思います。

――続いて、今回発売される『プロジェクト ディーヴァ X HD』についてはいかがでしょうか?
藤田 このシリーズはずっとプレイさせていただいていますが、今回はプレイステーション4ということで、映像がさらに美しくなって、ミクさんが進化していて、驚きました! こんなにキレイになるんだなぁ、って。『フューチャートーン』と『プロジェクト ディーヴァ X HD』は、どちらもプレイステーション4用ソフトですが、『フューチャートーン』は、どちらかというとアイドルなミクさん。『プロジェクト ディーヴァ X HD』はアーティストなミクさん、というイメージがあります。

――モデリングが違うので、受けるイメージも違いますよね。
藤田 うまく言えないのですが、『フューチャートーン』はポップでみずみずしいイメージで、『プロジェクト ディーヴァ X HD』は、スタイリッシュでクールなイメージです。『フューチャートーン』は、もともとゲームセンターで展開しているものなので、ゲームセンターでも目立つようなキラキラさを重視しているんじゃないでしょうか。『プロジェクト ディーヴァ X HD』は、アーティストのPVのように、1曲1曲について完成された世界観を提供しようとしていると感じます。

――では、プレイステーション VR(以下、PS VR)の発売と同時に登場する『VRフューチャーライブ』についてお聞かせください。先ほどプレイしていただきましたが、いかがでしたか?
藤田 去年、『VR Tech DEMO』をプレイさせていただいたんですが、そこから内容が格段に変わっていて、進化しすぎていて驚きました! いますぐPS VRを買って帰りたいぐらいです。まだ発売されていませんけど(笑)。体験したら、皆さんもPS VRが欲しくなると思います。ライブの臨場感がそのまま、いえそれ以上に表現されていますし、家でプレイするものですから、人目を気にせずに好きなだけ「ミクさーん!」って叫べますし。ミクにすごく近づけるという、ゲームならではの要素もありますし! 初音ミクにピッタリのコンテンツだと思います。気になる方は、ぜひ体験会に足を運んでもらえればと。“初音ミク「マジカルミライ 2016」”でも遊べるそうですよ!

●多くの人の力で輝く初音ミクという存在の魅力
――藤田さんは、これまで数々のミクのライブに参加されていますが、ミクのライブの魅力とは、どんなところにあると思いますか?
藤田 ミクという存在を輝かせるために、いろいろな人が関わっているということが、私にとっての初音ミクの魅力なんですよね。バックバンドの皆さんの力によって、曲に厚みが出て、演出の皆さんの力によって、ミクの姿がいちばん輝くステージになる。ライブに来た皆さんを楽しませるために、通常のライブと同じ、ともすればそれ以上の人たちが関わっているんです。そのことがすごく大事だと思っていて、皆さんにも忘れないでいてほしいと思っています。

――いろいろな人の力で成り立っているというのは、ミクというコンテンツの本質だと思います。それがライブにも当てはまるんですね。
藤田 そうですね。それから、初めにミクのライブに行って感動したのは、ライブに来てくれる人たちの力。“いっしょに作っている”というか、ファンの人も出演者のような感じなんですよね。皆さんがミクの名前を呼ぶことで、“ミクがステージで歌っている”という世界観を、現実のものにすると言いますか。

――観客がいて、初めてライブが完成する、というイメージでしょうか。
藤田 ミクというバーチャルな存在は、観に来てくれる人がいなければリアルにならないと思うので。ミクが素敵な存在だということを改めて個人個人が認識して、さらにそれを周りのみんなと共有することで、もっと曲のよさを感じられるのかな、と。ミクのライブを見るたびに、大事なのは人の力なんだ、ということを私は感じます。そのよさは、やっぱり体験しないと伝わらないので、ぜひ多くの方にミクのライブを見ていただきたいです。『VRフューチャーライブ』でも、その力を感じられると思うので、ぜひプレイしてください。

――『VRフューチャーライブ』は、プレイしていると、周りのファンの声が聴こえるのが、また臨場感を高めているなと感じます。
藤田 「ミクさーん」、「ミクちゃーん」という声が聴こえますよね! 『VRフューチャーライブ』のオーディエンスの皆さんの姿は、真っ黒で顔が見えませんが、ゆくゆくは友だちの写真を表示できたりするようになったらいいなぁ、と思いました。

――ところで、ミクの最新ライブが行われる“初音ミク「マジカルミライ 2016」”が、まもなく開催されますね(開催期間は9月9日~9月11日、ライブは9月10日~11日に実施)。
藤田 マジカルミライは、ファミリーで来てくださる方が多いという印象があります。家族みんなで楽しめる企画もたくさんある点が素敵ですね。ライブはもちろん楽しみで、どんな曲を歌うのかな、どんな振り付けなのかな、と期待しています。毎年の恒例行事になっていて、たくさんの方が来てくれるのが本当にうれしいです。

――8月31日には、初音ミクが9周年を迎えますが、この9年を振り返って、改めて思うことを教えてください。
藤田 初音ミクは、誰かが目を留めてくれなかったら、心を込めて携わってくれなかったら、数あるDTMソフトのひとつのままで、ここまで多くの人に知られることはなかったと思います。本当に、奇跡的なコンテンツなんだと改めて思います。9年間変わらずに初音ミクを愛し支えつづけてくださった皆様に日々感謝しております。楽曲、PV、イラストなど愛の形はさまざまですがどれも素敵で。こんなふうにいろいろな形でたくさんの方に支えられながら、これからも初音ミクだからこそ体現できる世界を皆さんとともに作っていけたら……それがまた多くの方の目に留まればこれ以上幸せなことはありません。みんなで9年、10年……それ以上の時間をミクと過ごしていけたらと願っています。

――来年は10周年ですので、もっと奇跡が起こるかもしれません!
藤田 そうですね! 皆様の力もお借りして、どんどん進化していくミクの姿をお見せできるよう、私もがんばりたいです!

最終更新:8月31日(水)0時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。