ここから本文です

Maison book girlメジャーデビュー発表!ekomsの新企画

音楽ナタリー 8月31日(水)0時0分配信

昨日8月30日に東京・青山 月見ル君想フでサクライケンタ主宰の音楽制作会社・ekomsによるライブイベント「ekoms presents “夜明けの月と煙 vol.1”」が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ekomsが手がける新たなライブイベントとして実施された「夜明けの月と煙」。開催前には所属アーティストのMaison book girlが重大発表を行うことが告知されていたこともあり、多くのファンが会場に集まった。

一番手に登場したsora tob sakanaは「My notes」「広告の街」など複雑にボーカルパートが振り分けられた曲を落ち着いた様子で披露していく。MCでは東京・新宿Motionで行われたekomsの自主企画「Two Series」やピエール中野(凛として時雨)によるライブイベント「ピエールフェス 2016」でもMaison book girlと競演したことを振り返り、今回の出演に関してもうれしそうに感謝の思いを述べていた。

続くカオティック・スピードキングは目まぐるしく曲調が変わる演奏でフロアを圧倒。途中ではMaison book girlの4人も加わり、彼女たちの楽曲「bath room」「bed」などを疾走感あふれるアレンジで演奏した。ブクガが退場した後は再びフリーキーな演奏を展開。ピエール中野(Dr)の力強いドラミングをバックに、井澤惇(B / LITE)、takuto(G / about tess)、サクライケンタ(G / ekoms)はステージを縦横無尽に歩き回るステージパフォーマンスで場内を沸かせた。

トリのMaison book girlは「bath room」「last scene」などライブではおなじみの楽曲に加え、新曲「karma」を初披露。「my cut」のパフォーマンスを終えると、コショージメグミが重大発表について触れた。彼女は「今までBiSでの活動が一番だと思っていたけど、いつの間にかブクガのことが一番になってて……」と語り出す。そして徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャーデビューすることを明かし、観客の喝采を誘った。

その後、ほかのメンバーもメジャーデビューについての感想を語る。矢川葵は「コショは去年のワンマンライブのときも涙を浮かべてて、和田(輪)ちゃんが入ったときも『うれしい』って言ってたのがうれしくって……この3人とデビューできるのがうれしいです」と涙を浮かべて回想。和田輪は「2年間活動して、のびしろがどんどん広がっていって。これからもっと、予想できないところまで伸びていけそうです」とこれからの活動に向けての決意を語った。そして井上唯は「オーディンション受かってグループに入ったときはグダグダだったけど、やっと決心が固まってきて、すごくブクガが好きになったんです。ここまで来れたのは皆さんのおかげです。がんばります!」と心の内を明かした。

重大発表のあと、4人はメジャーデビューシングルに収録される新曲「cloudy irony」をファンに届けた。そして最後は「snow irony」で一気にフロアを盛り上げ、この日の公演を締めくくった。

最終更新:8月31日(水)1時33分

音楽ナタリー