ここから本文です

あなたにとって夏休みはいつまで? 常識をアップデートしなければ赤っ恥

Web担当者Forum 8/31(水) 7:06配信

心得其の470

夏休みの常識

8月31日という日付を見ただけで憂鬱になります。おろし立てのようにキレイな算数ドリル、1マスも記入していない原稿用紙……。これらを前に、「絶望」という言葉と向き合うことになった夏休みの宿題のトラウマが、今も私を苦しめるのです。自業自得といえばそれまでですが。

そんな話を小学生の子供を持つ地元の友人にすると、「古いよ」と返されます。夏休みが8月31日までというのは、すでに「常識」ではないというのです。

地元の東京都足立区の小中学校の夏休みは8月24日まで。つまり、9月に入る1週間前に夏休みは終わっているのです。そして関西や九州地方など、全国的に「短縮化」は広まりを見せており、いずれ「8月31日の憂鬱」というネタが使えなくなるかもしれません。常識は常に上書きされるものではあります。

というわけで、8月最後の本稿ではいくつかの「常識」について考えてみます。

終結するブラウザ戦争

かつてWebの閲覧といえば「Webブラウザ」が常識で、そのシェア争いに注目が集まったのは、セキュリティ対応の遅れやブラウザの違いによるレイアウト崩れがたびたび発生したからです。

後にFirefox、Opera、Google Chromeといった新勢力が登場し、そのたびにシェア争いが続きますが、企業側からすれば、文字通りすべてのブラウザに対応するのはハードルが高く、予算と納期を比較して取捨選択が求められました。

最たるものがInternet Explorer(IE)。「インターネット標準規格」から横道に逸れる独自仕様を採用しながら、21世紀初頭のピーク時にはシェア9割を超え、IEに「最適化」しなければならないシーンは数知れなかったのです。

時は流れ、Net Applications社の調べによると、2016年6月のデスクトップブラウザのシェアは「Chrome」が48.6%、IEが31.7%と逆転しています。これが取り立てて話題にならないことに、Web閲覧における「常識」の変化を見つけることができます。いわずと知れた「モバイル」の台頭です。

1/3ページ

最終更新:8/31(水) 7:06

Web担当者Forum