ここから本文です

マジプリが山手線16駅をジャック!“イモトのWiFi”電飾看板広告のキービジュアルに

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/31(水) 10:07配信

エクスコムグローバル株式会社が提供する海外WiFiレンタルサービス「イモトのWiFi」が9月1日より1年間にわたって展開するJR山手線内16駅30面電飾看板広告のキービジュアルに東海発イケメンアイドルグループ、MAG!C☆PRINCEが起用されることがわかった。

【詳細】他の写真はこちら

今回の起用の理由についてエクスコムグローバルの担当者は「MAG!C☆PRINCEさんは昨年の3月のデビュー時より応援させていただいておりますが、今年5月に発売された2ndシングル<Spin the Sky>がオリコンウィークリー2位にランキングされるなど人気の高まりを感じております」と前置きしたうえで、「CBCテレビ<本気プリ>番組内の海外旅行企画や、 セントレア『旅』プロジェクトのPR大使への就任など海外渡航喚起に大きく貢献していること、さらに3rdシングル<Over The Rainbow>が10月5日に発売されるタイミングに東京でも広告起用することで話題喚起につながると考えて起用に至りました」と説明。

また、今回の決定を聞いたMAG!C☆PRINCEのリーダー平野泰新は「山手線ジャックというすごい企画にMAG!C☆PRINCEを起用していただけるということで、本当に驚きと感謝の気持ちでいっぱいです!この広告をきっかけに東京にも積極的に活動の幅を広げられたらと思います。また、この 広告を見た方もイモトのWiFiを利用して海外へ活動の幅を広げるきっかけになればいいなと思います!」と意気込みを伝えた。

なお、9月1日~10月31日の2ヵ月間、イモトのWiFi 無料コードやマジプリスマホ用特製壁紙、マジプリサイン入り「Over The Rainbow」ポスターが当たるTwitter連動キャンペーンも実施される。詳細はオフィシャルサイトなどで確認を。

MAG!C☆PRINCE リーダー平野泰新コメント
今回、イモトのWiFiで山手線ジャックというすごい企画にMAG!C☆PRINCEを起用していただけるということで、本当に驚きと感謝の気持ちでいっぱいです!たくさんの方が利用する場所に掲示されるということで、僕らのことを少しでも多くの方に知ってもらえたらうれしいです!!今までの僕らとは違ったカッコ良さを見てもらえると思いますので楽しみにしていてください!!昨年のオーディションでMAG!C☆PRINCEのメンバーに選ばれてから、東海地区を拠点に頑張ってきましたが、この広告をきっかけに東京にも積極的に活動の幅を広げられたらと思います。また、この 広告を見た方もイモトのWiFiを利用して海外へ活動の幅を広げるきっかけになればいいなと思います!

<Twitter連動キャンペーン概要>
【応募方法】
1. JR山手線内にあるイモトのWiFiの看板広告(MAG!C☆PRINCEのビジュアルの看板)を探す。
2. イモトのWiFiの公式アカウント(@imoto_no_WiFi)をフォロー。
3. Twitterでハッシュタグ「#マジプリを探せ」と共に、看板が設置してある駅名をツイート!※1駅で応募可
(例)渋谷駅でマジプリ看板見つけた!! #マジプリを探せ
【プレゼント内容】
(1)イモトのWiFi 無料コード[5名様]
※イモトのWiFiがサービス対応している約200カ国の国と地域どこでもご使用いただけます。
※ご利用期限は1年間とします。
※最大利用日数14日間まで。15日以上のご利用の場合は別途通常料金を頂戴いたします。(2)マジプリスマホ用特製壁紙[50名様] 今回の広告看板ビジュアルをリサイズして、特製壁紙をプレゼント!
(3)マジプリサイン入り3rdシングル「Over The Rainbow」ポスター [5名様]
【キャンペーン期間】
2016年9月1日(木)~2016年10月31日(月)

※当選の発表はTwitterのDMでのご連絡をもってて代えさせていただききます。

リリース情報
2016.10.05 ON SALE
SINGLE「Over The Rainbow」

イモトのWiFi OFFICIAL WEBSITE
http://www.globaldata.jp/imotowifi/

MAG!C☆PRINCE OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/magic-prince/

最終更新:9/24(土) 4:34

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]