ここから本文です

SIEMを評価導入し、脅威動向を可視化する「スポットログ評価サービス」(NTTデータ先端技術)

ScanNetSecurity 8月31日(水)8時0分配信

NTTデータ先端技術株式会社は8月30日、SIEMの導入効果の評価およびセキュリティ対策の現状分析を支援する「スポットログ評価サービス『LogDiver』」を9月1日より提供開始すると発表した。同サービスは、インテルセキュリティ(マカフィー株式会社)の統合セキュリティログ分析ソリューション「McAfee SIEM」の仮想アプライアンス版を試行導入するというもの。

他の写真を見る

SIEMにより顧客環境のログを取得し、NTTデータ先端技術のセキュリティ分析官により侵害の兆候をはじめとする、実際の脅威動向をベースとした分析観点によりログを確認・抽出、可視化してレポートの作成、報告会を実施する。なお、仮想アプライアンス版SIEMの評価導入ができない場合には、NTTデータ先端技術で構築済のSIEMでサービスを利用できる。さらに、同サービスの利用後も、各種連携サービスと組み合わせることでSIEMの実導入、運用に向けた支援も可能となるとしている。

(吉澤 亨史)

最終更新:8月31日(水)8時0分

ScanNetSecurity