ここから本文です

元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

インサイド 8月31日(水)10時56分配信

ワンダープラネットは、スクウェア・エニックス元社長の和田洋一氏が、同社の社外取締役として就任した旨を発表しました。

ワンダープラネットは、スマートデバイス向けフルネイティブアプリ・ゲームの企画・開発・運営・販売を行っています。同社は、スマートフォン向けゲームアプリ『クラッシュフィーバー』を手掛けた事でも有名です。

発表によると、和田洋一氏は、長年にわたりスクウェア・エニックスの経営に携わり、自社IPの海外展開、海外ゲーム会社の買収実績等、グローバルにデジタルエンターテインメントへの知見が深い事から、同社の社外取締役に選任したとのこと。またワンダープラネットの本社拠点が同氏の出身地である名古屋である事も、選任の理由に挙げられています。

この和田洋一氏の社外取締役の就任によって、ワンダープラネットは、コーポレートガバナンス体制の一層の強化を図り、経営の透明性をさらに向上させる狙いがあります。

この発表の詳細に関しては、こちらのページ(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000005880.html)を参考にしてください。

最終更新:8月31日(水)10時56分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。