ここから本文です

M-1予選も奮闘中! 注目の俳優ふたりが漫才コンビを熱演

ぴあ映画生活 8月31日(水)17時22分配信

NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」などの出演で脚光を浴びる森岡龍と、auの三太郎シリーズのCMで話題の前野朋哉。今、にわかに注目を浴びるふたりがW主演を務める『エミアビのはじまりとはじまり』が公開を迎える。劇中で彼らが演じたのは人気漫才コンビ“エミアビ”の実道(森岡)と海野(前野)。両者ともに「見ているのとやるのと大違い。笑いをとる以前の問題で、お互いがかみ合わない」(森岡)、「自分がテレビで慣れ親しんだ漫才のようにならない。稽古をしてもしっくりこない。そんな日が何日も続いて。このときはさすがに先が見えなかった(苦笑)」(前野)と、難役だったことを明かす。

その他の画像

そんなふたりは自然と帰り際、反省会と称する飲み会へ(笑)。結果、このことが漫才コンビとなる近道になったそうだ。「同じ時間を共有して信頼関係がより深まると、自分たちの漫才の問題点がすぐ洗い出せ、改善できるようになった。実は試行錯誤していた期間は、お互いを相方と認めていく時間でもあった気がする」(前野)「互いをより知ることで僕らならではのオリジナルの漫才のスタイルがだんだんと見いだせたんだよね」(森岡)

その苦労の甲斐あって、劇中では絶妙なかけあいの漫才を披露。と同時に、突然の死に直面した人間たちの再生を見つめた物語において、森岡は相方を突然失った人間のやるせなさ、虚しさ、そして自分なりの弔いを実道を通して見事に体現し、前野も残された者の記憶に焼き付く愛らしく切ない人物として海野を演じきっている。そんな熱演を見せてくれた彼らだが、実は旧知の仲。ほぼ同年代でお互い俳優で映画監督の顔も持つということで、互いをライバル視してきた。それだけに今回の競演は感慨深いものがあったという。

「いつか前野君とはがっつり組んでみたいと思っていた。今回、それが叶ってひとつ夢が実現したところがある」(森岡)「僕も同じで、森岡君と主演でこの舞台に立てたことがうれしい。また、ライバルなので刺激も受けた。今は、この互いの主演作がひとりでも多くの人のもとに届いてくれたらと願うばかり」(前野)

そしてもうひとつ報告が。実は、“エミアビ”は役を超えて本物の漫才コンビとして現在、M-1グランプリに挑戦中。先日、1回戦を見事突破した。

「とりあえず1回戦を突破できてほっと胸をなでおろしています(笑)。今は新たな戦いに向けて猛練習中です」(前野)「ここまできたら、もう、いけるところまでいきたい」(森岡)

作品はもちろん“エミアビ”の活躍にも注目したい!

『エミアビのはじまりとはじまり』
9月3日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー!

取材・文:水上賢治 撮影:源賀津己

最終更新:8月31日(水)17時22分

ぴあ映画生活