ここから本文です

セルジオ・ペレス「アジア転戦前には来季の去就が明らかに」

TopNews 8月31日(水)12時11分配信

セルジオ・ペレス(フォース・インディア)の来季の去就がもう間もなく明らかとなるようだ。

■来季はルノーへの移籍がうわさされるペレス

今季のF1第6戦モナコGPと第8戦ヨーロッパGPで3位表彰台を獲得し、評価が大きく高まっているペレスだが、フォース・インディアのチーム代表であるビジェイ・マリヤは2017年もペレスがチームにとどまることになると発言していた。

だが、ペレスのほうは来季もフォース・インディアにとどまるかどうかは分からない発言する一方、母国メキシコのスポンサー企業の力によって来季の躍進が期待されているルノーへの移籍を目指しているのではないかとのうわさに関しても否定をしていない。

■ペレス残留を期待するフォース・インディア

これに関して、フォース・インディアのチーム副代表を務めるロバート・ファーンリーは、チームとしてペレスには「非常に」残留してもらいたいと考えているものの、ペレスのスポンサー契約は「非常に高度かつ複雑」なものであることも認識していると語り、次のように付け加えた。

「現在、我々はその交渉過程の中にいるが、もし2017年にこの2人のドライバーたちと共にやれないことになれば私は非常に驚くだろうね」

■9月中旬までには明らかに?

一方、ペレスは、もう間もなく来季に自分が所属するチームが明らかになるだろうと示唆している。

F1ベルギーGPが開催された先週末のスパ・フランコルシャンで、いつごろになれば来季どうするかを発表できるのかと質問されたペレスは、次のように答えた。

「近いうちにそうできることを期待しているよ。アジアでのレースが始まる前までにはね」

F1は今週末に行われるイタリアGP(9月4日決勝)を終えると、再びアジアに戦いの場を移し、シンガポール(9月18日決勝)、マレーシア(10月2日決勝)、そして日本GP(10月9日決勝)へと旅することになる。

ペレスの今回の発言が正しければ、遅くとも9月中旬までには来季の去就が明らかになりそうだ。

最終更新:8月31日(水)12時11分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。