ここから本文です

ジャイアントパンダの団団と円円、12歳の誕生日を祝福/台湾

中央社フォーカス台湾 8月31日(水)13時20分配信

(台北 31日 中央社)台北市立動物園は30日、ジャイアントパンダのオス「団団」とメス「円円」の12歳の誕生日パーティーを開き、飼育員がデザインした特製ケーキを2頭にプレゼントした。2頭はケーキを美味しそうに食べ、可愛らしい姿を見せた。

2頭の誕生日は2日違いで、円円が8月30日、団団は9月1日。2頭は2008年から同園に移り、2013年には娘の「円仔」が生まれた。普段は別々に暮らしており、会うのは年1回、繁殖期のみ。だが、これまで恋が生まれることはなく、園は人工授精を続けている。

今年のケーキは「ファストフード風」。円円にはハンバーガー型の、団団にはサンドイッチ型のケーキがそれぞれ用意された。ケーキの素材は氷、リンゴ、ブドウ、竹の葉などジャイアントパンダの好物ばかり。ケーキの上には「12」の文字を形作ったサトウキビが飾られた。

円円はケーキを見ると、まずはにおいを確認。そして豪快に倒し、むしゃぶりついた。一方の団団は先に「1」の数字を作ったサトウキビを抜き、横に移動して座りながらゆっくりと堪能。サトウキビをかじり終えると再び元の場所に戻り、引き続きケーキを味わっていた。

(顧セン/編集:名切千絵)

最終更新:8月31日(水)13時20分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。