ここから本文です

マツダ、タイ工場のエンジン生産能力を3倍に増強

レスポンス 8月31日(水)8時30分配信

マツダは8月30日、タイの生産拠点「マツダ パワートレイン マニュファクチャリング(MPMT)」のエンジン組立工場の年間生産能力を2018年上半期までに10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設すると発表した。

MPMTのエンジン組立工場は、2015年10月に本格稼働を開始。年間生産能力3万基で、「SKYACTIV-D 1.5」および「SKYACTIV-G 1.3」の組み立てを行っている。また、同工場で生産したエンジンは、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)」に出荷し、マツダ『2』(日本名『デミオ』)に搭載されている。

マツダは今回、新たに221億円を投じて、エンジン組立工場の年間生産能力を10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設。タイにおける車両、エンジン、トランスミッションの一貫した現地生産体制の拡充を図る。また、生産機種に「SKYACTIV-G 2.0」を追加し、アセアン域内に車両生産拠点があるマレーシア、ベトナムへの輸出を開始する予定だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月31日(水)8時30分

レスポンス