ここから本文です

かどや製油 高畑淳子出演のCM自粛…花王に続き長男逮捕影響

デイリースポーツ 8月31日(水)6時0分配信

 強姦(ごうかん)致傷罪で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)の母で女優の高畑淳子(61)の仕事にも、事件の影響は徐々に広がってきた。

【写真】“距離なし”の裕太容疑者…清水富美加は困惑顔で「リアルに共演NG」

 淳子がCMに出演している「かどや製油」が、CM放送の自粛を決定したことがわかった。30日、デイリースポーツの取材に対して同社は「現在(休止の)作業途中で、一部流れているものもあるが、当面は自粛する」とした。栄養サプリ「ごまセサミン」のCMに出演していた。

 淳子は事件が発覚した23日現在、同社のほか花王(ウルトラアタックNeo)、KINCHO、日本生命のCMに出演していた。花王はすでに放送を休止。日本生命は「引き続き対応を検討していく」としている。KINCHOは7月で放送が終了しているが、ネット上のCM映像は現在も公開されている。

 ドラマでは、NHK大河ドラマ「真田丸」での“母子共演”が消滅した。裕太容疑者が真田信幸の息子・信政役で10月16日放送回から出演予定ですでに1回収録を終えていた。淳子は信幸の母・薫を演じており、祖母と孫の役で共演するはずだったが、幻に。代役で撮り直されることとなった。

 淳子は年内は予定通りに活動し、その後は当面、休業する意向という。9月24日には主演舞台「雪まろげ」が東京・シアター1010で開幕。26日の会見では「この状態でお芝居をやるのは自信がないですが、今年いっぱい、地方の方にも舞台をお見せするのが私の贖罪(しょくざい)だと思っています」と、東京公演、12月4日までの全国ツアーを務め切ることを宣言していた。

最終更新:8月31日(水)17時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。