ここから本文です

マクロン仏経済相が辞任、大統領選への出馬狙いか

ロイター 8月31日(水)3時57分配信

[パリ 30日 ロイター] - フランスのマクロン経済相(38)が30日、辞表を提出した。来年の大統領選への出馬については明言を避けたものの、これまでに自身の政策集団「前進」を立ち上げ、国内でも人気の高い政治家の一人であることから、大統領選出馬を見据えた動きとみられている。後任はサパン財務相が兼任する。

投資銀行出身のマクロン氏は記者団に対し、辞任の理由について、国を改革するための行動プラン策定に専念するための時間が必要と説明。「われわれの価値や考え、行動によって、来年以降フランスを変えていくことができるよう、全力を尽くす所存だ」と語った。

最終更新:8月31日(水)3時57分

ロイター