ここから本文です

「鬼平犯科帳」初アニメ化決定!現代風のイケメン鬼平ビジュアル公開

シネマトゥデイ 8月31日(水)8時0分配信

 作家・池波正太郎の時代小説「鬼平犯科帳」が、2017年に誕生50周年を迎えることを記念して、「鬼平」のタイトルで初めてアニメーション化されることが明らかになった。同時に、現代風のイケメンに生まれ変わった鬼平のビジュアルも公開された。

 「鬼平犯科帳」は、江戸時代後期、悪党たちから「鬼の平蔵」と恐れられた火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)長官・長谷川平蔵が、罪人たちを取り締まる姿を描いた累計発行部数2,700万部を誇る人気作。1967年の誕生以降、1989年まで全135作(+番外編1作)が発表され、中村吉右衛門主演の実写ドラマ、さいとう・たかを作画の漫画のほか、映画、舞台などさまざまなメディア展開が行われている。

 池波作品としても初となるアニメ化に挑むのは、「BUZZER BEATER」「ルパン三世 GREEN vs RED」の宮繁之監督。キャラクターデザインも宮監督が担当しており、クールな色気と力強さを放つ、長身でスタイリッシュな姿が、アニメならではの新たな“鬼平”の誕生を予感させる。

 プロデューサーは、アニメ制作会社マッドハウスの元代表取締役にして、70歳をすぎて新会社MAPPAやスタジオM2を立ち上げるなど精力的に活動を続ける丸山正雄。「困ったことに私は根っからの池波ファン、取り立てて鬼平ファンである。正直言ってプレッシャーはある。本当に我々でいいのか?」と不安を吐露しつつ、「原作を損なうこと無く、ただ原作をなぞるだけではない、アニメとしての魅力をどこまで出せるか! 勝負です」と意気込む。

 音楽は「ONE PIECE ワンピース」などの田中公平とベーシストの川村竜を起用したジャズテイストを採用するなど、過去にない試みが取り入れられており、オフィス池波では「連載開始から約50年、いまなお読み継がれている『鬼平犯科帳』がこの節目に初アニメ化ということで、驚きとともに大変期待しております。アニメにしかできない新しい鬼平の世界を表現していただきたいと思っております」と期待をかけている。(編集部・入倉功一)

最終更新:8月31日(水)8時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。