ここから本文です

上越・くわどり市民の森 トレランで自然満喫して 10月、初の大会開催

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8/31(水) 13:25配信

 「トレイルランナーズカップ上越くわどり大会」が10月10日、上越市桑取地区のくわどり市民の森で初開催される。上越市の誘致を受けて見附市の競技普及団体「トレイルランナーズ」が主催する。同市は「多くのランナーに森と親しんでもらい、地域の活力につなげたい」と期待している。

 くわどり市民の森は上越市西部の桑取川上流にあり、ブナやスギの林の中に散策道が整備されている。上りが急な場所もあるが、途中の展望ポイントからは桑取谷を一望できる。しかし近年は訪れる人は減り、隣接する温泉施設の利用者も低迷している。

 そこで市民の森を所管している市農村振興課が誘客も兼ね「市民の森で大会を開けないか」とトレイルランナーズの松永紘明代表に交渉。市民の森を案内するなどして急きょ年内の大会の追加開催を取り付けた。

 大会は3・5キロと7キロの2コースで、3・5キロは親子・初心者向け。登録料は3千円(当日3500円)。プロトレイルランナーの松永代表のミニ講習会や靴の無料レンタルもある。

 松永代表は「自然のままの森が美しく、落ち葉が積もった路面は軟らかく状態がいい。初心者は本格的な雰囲気を、経験者は程よい負荷を楽しめるコースになると思う」と話している。

 大会の問い合わせはトレイルランナーズのホームページ、http://www.trailrunners.jp

最終更新:8/31(水) 18:06

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ