ここから本文です

山田涼介主演「鋼の錬金術師」がクランクアップ、曽利文彦「撮るべきものは撮れた」

映画ナタリー 8月31日(水)8時0分配信

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める「鋼の錬金術師」が8月26日にクランクアップを迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、21の国と地域で累計7000万部以上の発行部数を記録する荒川弘の同名マンガを、「ピンポン」で知られる曽利文彦が実写映画化したもの。幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描く。エドワードを山田が演じ、そのほかのキャストには本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、本郷奏多、蓮佛美沙子、佐藤隆太、夏菜、大泉洋、小日向文世らが名を連ねる。

世界観を追求するため、かつて実際に錬金術師が存在したというイタリアで6月にクランクインした本作。その後日本で行われた撮影には原作者の荒川も姿を見せ、見学後には撮影ボードにイラストを描くサプライズも。曽利は約3カ月におよぶ撮影を終え「キャスト、スタッフと共にリアルな映像については撮るべきものは撮れましたので、後は私には作品を完成させる義務があります。これから1歩1歩作りあげて行こうと思っています」とコメントを寄せた。

「鋼の錬金術師」は2017年冬に全国ロードショー。

曽利文彦 コメント
制作においてはこれまでの日本映画ではやったことのない撮影スタイルを取るなど、新たな日本映画の可能性を追求してきました。イタリアでの撮影から始まり、約3カ月、キャスト、スタッフと共にリアルな映像については撮るべきものは撮れましたので、後は私には作品を完成させる義務があります。これから1歩1歩作りあげて行こうと思っています。ファンの皆様には、原作やコミックのテーマ、魅力を込めつつ、実写だからこその“カタチ”をスタッフ、キャストで議論を重ねながら、作りあげたものとなりますので、是非応援頂けたらと思っております。



(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

最終更新:8月31日(水)8時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。