ここから本文です

トヨタL&F、10~23トン積ディーゼルフォークリフトを発売…最新排出ガス規制適合

レスポンス 8月31日(水)9時0分配信

豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは、最新の排出ガス規制「国内特定特殊自動車排出ガス2014年基準」に適合した10~23トン積ディーゼルエンジンフォークリフトを8月30日より発売した。

新製品の発売で同社は、業界で初めて2014年基準に適合したディーゼルエンジンフォークリフトを1.5~24トンまで全車種揃えたこととなる。

物流コスト低減のニーズや世界的な環境意識の高まりを背景に、自動車だけでなくフォークリフトにも、燃費向上および地球温暖化ガスの排出低減が求められている。また、先進国を中心に年々強化されているフォークリフト等産業車両に対する排出ガス規制への適合等、将来を見据えた環境問題への取り組みも課題となっている。

今回発売する10~23トン積ディーゼルエンジンフォークリフトは、新クリーンエンジンを採用し、現行の「力強さ」と「使いやすさ」はそのままに、クリーンかつ低燃費を実現。また、排出ガス後処理装置として連続再生式DPFと尿素SCRを採用し、PMやNOx等の環境負荷物質を大幅に削減している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月31日(水)9時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]