ここから本文です

マガシーク、三越・伊勢丹オンラインストアと在庫の共有を開始

MarkeZine 8月31日(水)11時20分配信

 ファッション通販サイトを運営するマガシーク、三越伊勢丹ホールディングス(以下、三越伊勢丹)が運営する三越オンラインストアおよび伊勢丹オンラインストア(以下、三越・伊勢丹オンラインストア)と一部ブランドの在庫共有を開始した。今回の取り組みでは、マガシークと三越伊勢丹間で商品情報だけでなく、実在庫情報なども共有する。

 同取り組みを行うことで、在庫を調達するマガシークは、三越伊勢丹のブランドを武器に商品販売力を拡大することができる。また販売を行う三越伊勢丹は、欠品による販売機会の損失の軽減を可能にし、ECサイトに商品を納品するメーカーにはマガシークだけでなく、三越・伊勢丹オンラインストアでも販売が行えるというメリットがある。

 今後マガシークは、現在出店している既存のメーカーはもちろん、より多くの新しいメーカー・ブランドにも今回の取組みに賛同、参画してもらえるよう同取り組みを推進していく。

最終更新:8月31日(水)11時20分

MarkeZine

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。