ここから本文です

カルビーが成型ポテチに進出 売り上げ目標は100億円 なぜ今?らしさはどこに? 北海道で先行発売

withnews 9月5日(月)7時0分配信

 カルビーが先月、筒型パッケージの新商品「ポテトチップス クリスプ」を北海道で先行発売しました。従来品と比べると、パッケージだけでなく中身も大きく異なります。スライスしたそのままのジャガイモではなく、いったん成型して同じ大きさにしたものを揚げているのです。これまで「プリングルス」や「チップスター」など他社が先行してきた成型ポテチ市場に、なぜ今、参入を決めたのか? カルビーに聞きました。

【画像】成型ポテチの作り方を紹介。瀬戸内レモン味や山わさびしょうゆ味など一風変わったフレーバーも紹介

2020年までに年間100億円に

 8月に北海道で先行発売された「ポテトチップス クリスプ」は、うすしお味とコンソメパンチの2種類。22日からは東北・信越エリアでも販売され、10月10日には関東エリアでも発売予定です。

 カルビーによると、成型ポテトチップス市場は近年、大きな成長が見られず、横ばいで推移していたそうです。そんな中で市場の活性化を狙って、ドイツでOEM製造したものをテスト販売していました。

 その後、2011年から自社で研究開発を始め、テスト販売を経て今回の発売に至ったそうです。2020年までに年間100億円の売り上げを見込んでいるそうです。

広報担当者に聞きました

 成型ポテトにカルビーらしさはあるのか? 従来品の売り上げに影響はないのか? 広報担当者に話を聞きました。

 ――なぜ北海道で先行発売したのでしょうか

 「北海道と東北信越エリアでのテスト販売で成功した実績があり、販売シェアや市場規模などを考えて、北海道で先行発売しました」

 ――発売日が当初の予定より1年近く遅くなったそうですね

 「実際に生産する上で、製品形状や味付けを安定させるのに時間がかかりました」

 ――商品化する上で苦労した点は

 「カルビーオリジナルの味をしっかり楽しんでいただけるよう、味付け方法は、製品に練り込むのではなく『上がけ』する方式としました。袋タイプのポテトチップスでは味付け後にタンブラーで混ぜていますが、成型ポテトチップスは混ぜる工程がありません。味付け機を通過する短時間の間に安定してかけることに苦労しました」

 ――先行する他社の成型ポテトとの違いは

 「カルビーが長年培ってきた『水分コントロール技術』が生かされています。フライ工程で蒸発する生地の水分量やフライ時間などをコントロールすることで、独特のパリッとした食感を実現しました。また、食べやすい湾曲角度と大きさにこだわり、口内で瞬時に割れるように設計しています」

1/2ページ

最終更新:9月5日(月)7時0分

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]