ここから本文です

主演負傷の「メイズ・ランナー」第3弾、17年2月に撮影再開

映画.com 8月31日(水)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 主演俳優ディラン・オブライエンの負傷のため中断されていた、「メイズ・ランナー」シリーズ第3弾「Maze Runner: The Death Cure(原題)」の撮影が2017年2月に再開されると、米Deadlineが報じた。

 今年3月、車両を使ったスタントシーンの撮影中にオブライエンが複数個所を骨折する大事故が発生し、撮影が中断された。5月初旬に再開する見込みだったが、オブライエンの回復にさらに時間を要することが判明したため、米20世紀フォックスは、全米公開日を2017年2月17日から翌18年1月12日へと延期していた。

 顔面の骨折や裂傷が報じられていたオブライエンだが、すでに退院したようで、8月初めにはファンと記念撮影に応じた姿がTwitterに投稿されていた。キャスト&スタッフのスケジュールの再調整で再開時期は決定したが、ロケ地はカナダ・バンクーバーから変更されるようだ。

 同シリーズは、形を変える迷宮(メイズ)からの脱出を図る青年たちを待ち受ける運命を描くもの。ジェイムズ・ダシュナーのヤングアダルト小説シリーズを、ウェス・ボール監督メガホンで映画化しており、オブライエンのほか、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リーらが共演する。

最終更新:8月31日(水)10時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。