ここから本文です

「鬼平犯科帳」テレビアニメ化!「美しい、どこにもない世界を目指します」

コミックナタリー 8月31日(水)8時0分配信

さいとう・たかをによるマンガ版も発表されている、池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」のテレビアニメ化が決定した。

「鬼平犯科帳」は江戸を舞台に、罪人を取り締まる火付盗賊改方の役職に就いた長谷川平蔵が、悪党を裁いていく姿を綴った時代小説。映画化やドラマ化も行われており、大原久澄脚色によるさいとうのマンガ版はコミック乱(リイド社)にて連載されている。なお池波作品がアニメ化されるのはこれが初めてのこと。

アニメは「鬼平」のタイトルで2017年に放送。アニメーション制作はスタジオM2、監督とキャラクターデザインは「BUZZER BEATER」「ルパン三世 GREEN vs RED」の宮繁之が担当する。なお鬼の平蔵こと鬼平の、スタイリッシュなビジュアルも公開された。

オフィス池波はアニメ化に対して、「アニメにしかできない新しい鬼平の世界を表現していただきたいと思っております」とコメント。プロデューサーを担当する丸山正雄は「原作を損なうこと無く、ただ原作をなぞるだけではない、アニメとしての魅力をどこまで出せるか!勝負です。格調高いオーソドックスな時代劇、且つ時代劇だからできるケレン味。しっかりした時代考証を抑えつつも、モダンでオシャレなセンス。むろんダイナミックな動き!そして破天荒な見せ場も。相反するものを止揚して、美しい、どこにもない世界を目指します」と抱負を語っている。

アニメ「鬼平」
原作:池波正太郎制作:トムス・エンタテインメントアニメーション制作:スタジオM2プロデューサー:丸山正雄監督・キャラクターデザイン:宮繁之

最終更新:8月31日(水)8時0分

コミックナタリー