ここから本文です

【ベトナム】ハイネケン、南部のカールスバーグ工場買収

NNA 8月31日(水)8時30分配信

 ハイネケン・ベトナム・ブリュワリーは、南部バリアブンタウ省ブンタウ市にあるカールスバーグのビール工場を買収した。30日付サイゴンタイムズによれば、取得価額は非公開とされる。
 ハイネケン・ベトナム・ブリュワリーは、ベトナム・ブリュワリー(VBL)から今年に入って社名を変更した。その時期にカールスバーグの工場の買収も決まったという。
 買収されたカールスバーグの工場は、2008年に稼働。カールスバーグはベトナムでは、ハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)と合弁を組んでおり、14年以降は、「カールスバーグ・ベトナム・ブリュワリー」の社名でビールを販売している。ブンタウ工場の売却により、中部以北の市場に集中する。同社は、中部トゥアティエンフエ省とハノイにビール工場を持つ。
 ハイネケン・ベトナム・ブリュワリーは、ハイネケン・アジア・パシフィックとサイゴン商業総公社(サトラ)の合弁会社でハイネケン側の出資比率は60%。

最終更新:8月31日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。