ここから本文です

爆笑問題・太田光 “美女お持ち帰り”ゲス川谷を擁護「完全にイジメ」「魔女狩り」

リアルライブ 8/31(水) 11:58配信

 30日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で爆笑問題の太田光が、“美女お持ち帰り”の決定的現場をスクープされた、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音を擁護した。

 川谷といえば、今年1月にタレント・ベッキーとの不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、一大騒動に発展。ベッキーは芸能活動を自粛したが、川谷は音楽活動を継続した。現在は不倫騒動も鎮静化していたが、30日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、川谷が一般人女性をお持ち帰りする姿をスクープ。誌面によると、川谷は「恋人ではなく友達」と明かし、“お泊まり”することを認めた。“美女お持ち帰り”スクープが報じられると、川谷のインスタグラムは大炎上。「人としてどうかと思います」「気持ち悪い」「消えろ!」「配慮が足りない」などと川谷を批判する声が集中している。

 太田は「どんだけ責められなきゃならないんだよ。別に(彼女が)いたっていいじゃない」と川谷に同情し、「なんで怒るんだよ!?」と川谷を批判する声に対して解せない様子。

 川谷がベッキーと別れたため、誰と何をしても構わないと太田は主張し、「別れた女なんだからさ。何なんだろうな、すごい社会がイジメる感じな。完全にイジメだよ。魔女狩りだよ!」と川谷を擁護した。

最終更新:8/31(水) 11:58

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]