ここから本文です

求ム保育士、渡航費40万円を補助 石垣市、再就職費や家賃も支援

琉球新報 8月31日(水)5時3分配信

 【石垣】保育士不足の解消を図るため石垣市は10月から、有資格者を対象に島外からの渡航費や市内在住者の再就職準備費用などを補助する独自の保育士確保事業を始める。渡航費補助は県内初の取り組みとして約2年前から手掛けてきたが、今回は一括交付金を活用し、倍増の40~50万円を補助する。

 新たに市内在住者で過去6カ月以上、保育現場から離れている保育士を対象に、再就職の準備費30万円を支援するほか、子育て中の保育士に復帰を促すため、子どもの保育料を半額補助する。島外からの応募者には国庫活用で月6万円の家賃補助も実施する。補助は全て上限で2年以上の勤務が条件となる。

 市は2017年度内に待機児童解消を目指すが、慢性的に保育士が不足する中、幼稚園型認定子ども園の開園などで、さらに不足感が強まった。市によると待機児童解消には新たに70人の保育士を確保し、保育定員637人に拡大する必要があるという。

 沖縄本島や県外から保育士を誘致するため、渡航費として20~25万円を補助する事業は2014年度に開始。この3年間で保育士48人の確保につなげた。

 中山義隆市長は「待機児童解消へ全力で取り組みたい。保育士の応募をお願いしたい」と呼び掛けた。問い合わせは市児童家庭課(電話)0980(82)1704。

琉球新報社

最終更新:8月31日(水)9時34分

琉球新報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。