ここから本文です

逆潮流で電気をシェア、住宅蓄電池を統合して街を仮想発電所に

スマートジャパン 8月31日(水)9時10分配信

 積水化学工業(以下、積水化学)は2016年8月30日、同年10月から茨城県つくば市でバーチャル パワープラント(以下、VPP)の実証試験を開始すると発表した。経済産業省が実施する「バーチャルパワープラント構築事業」の一環として行うもので、東京電力パワーグリッドと共同で実施する。複数の分散電源を統合制御し仮想的な発電所を作るVPPを検証する。

 実証試験を行うのは、茨城セキスイハイム販売する分譲地「スマートハイムシティ研究学園」だ。同エリアは建売住宅に太陽光発電設備(PV)とHEMS、蓄電池を標準搭載するなど、先進的な分譲地として2016年6月から販売を開始。同年8月29日時点で、建売住宅は全て完売している状況だという。

 実証ではPV、HEMS、蓄電池を備える住宅20棟と、積水化学つくば事業所の電力需給をEMS(エネルギー・マネジメント・システム)で統合・制御する。実証エリア全体の電力利用状況に合わせて、住宅20棟に設置した蓄電池を活用して住宅間、 住宅と事業所間で電力をシェアしていく。

 実証の大きな目的は、各家庭で発電されたPVの電力を、街全体で効率良く活用していくことにある。EMSに積水化学が開発した「タウン・エネルギー・マネジメントシステム(TEMS)」を使用し、住宅20棟に設置されている家庭用蓄電池をクラウド上で統合・ 制御していく。これにより各棟の蓄電池にためられた太陽光で発電した電力を、必要に応じて既存配電網に流し(逆潮流)、各住宅と積水化学工業のつくば事業所で活用する。実施期間は2016年10月~2018年9月まで。約2年間かけて主に3つの項目を検証していく。

3つのポイントを検証

 実証試験における主な検証のポイントは3つある。1つ目が各住宅のPVで発電した電力を、いかに効率よく活用できるかという点だ。それぞれの住宅では、時間帯や天候によっては発電不足や余剰電力が発生している。そこで住宅とは異なる電力需要カーブを持つ事業所と連携させることで、各住宅の蓄電池にためきれない余剰電力や、住宅側の需要が低い時に蓄電池電力を事業所へ送るなどして利用効率を高める。同時にピークカット効果や、TEMSの性能も確認する。

 2つ目が既存電力網に対する逆潮流の影響の検証だ。逆潮流とは太陽光発電などによる電力が系統側に逆流すること。最適に制御しなければ電圧の上昇などにより、電力品質に影響が出る可能性がある。今回の実証ではTEMSで蓄電池を制御しながらこの逆潮流を意図的に行うことになる。

 積水化学では「北九州スマートコミュニティ創造事業」で、家庭用蓄電池から自営線への電力の逆潮流の検証を行っている。同社のTEMSはその成果を活用して開発したものだ。しかし今回の実証試験は、自営線ではなく既存の配電網に対して逆潮流を行う。そこで今回はTEMSと蓄電池を用いた逆潮流が、実用レベル(既存配電網)においてどのような影響を与えるかを検証していく。

 3つ目が実証に参加する各住宅およびそのユーザーに対するメリットの創出だ。VPPを構築しても、実際のユーザー側にメリットがなくては普及は見込めない。今回の実証では各住宅に対して、専用電気料金体系を用意するなどして、経済的なメリットを付与する計画だ。こうした施策によるユーザー側の満足度や、VPP運営に掛かるコストなども検証していく。

最終更新:8月31日(水)9時10分

スマートジャパン