ここから本文です

「鬼平犯科帳」アニメ化、その風貌にネット騒然 「ルパンのよう」「腐女子狙い」

J-CASTニュース 8月31日(水)18時9分配信

 池波正太郎さんの超人気時代小説「鬼平犯科帳」(文藝春秋刊)が来年の2017年に誕生50周年を迎えることを記念し、テレビアニメ化が決定した。

 これほど有名な時代小説がアニメ化されるのは珍しいとアニメファンの期待は高まったが、発表されたキャラクターデザインを見て一転、絶望の声が挙がることになった。ボーイズラブを好む「腐女子」に媚びているとか、「ルパン三世」のようだ、という指摘が起こっているのだ。自分の作品を忠実にドラマ化するのにこだわった池波さんが生きていれば「絶対に許さなかっただろう」などといった意見もある。

■長身でスタイリッシュ、クールな色気の主人公

 この作品の主人公は言わずと知れた火付盗賊改方長官・長谷川平蔵で、勧善懲悪の捕物帳が展開する。1967年に「オール讀物」(文藝春秋社)に第一作が掲載されて以降、1989年まで全135作と番外編1作が発表され、単行本の累計発行部数2700万部という超ヒット作として知られる。テレビ時代劇は1969年10月からNET(現:テレビ朝日)系とフジテレビ系で放送され、制作は約27年間に及んだ。鬼平を演じたのは八代目松本幸四郎、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門など時代劇のスパースターたちだった。

 テレビアニメはどんなものになるのか。「池波正太郎 公式サイト」での説明によれば、タイトルは「鬼平」で、主人公は「現代風イケメン」。長身でスタイリッシュな風貌で、紫の着物をかっこよく着流し、腰元には悪党を裁く刀を携えている。クールな色気と力強さを持ち合わせたアニメ界初のヒーロー、なのだという。監督とキャラクターデザインは劇場公開もされたアニメ「ルパン三世 GREEN vs RED」の監督、宮繁之さんが担当する。放送するテレビ局は未公表だ。

 こうした説明とキャラクターデザインが公表されると、アニメファンから激しいどよめきが起きた。

1/2ページ

最終更新:8月31日(水)21時28分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。