ここから本文です

沼袋氷川神社で「ヌーノジャズフェスタ」開催へ 野方商店街とコラボも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 8月31日(水)8時2分配信

 西武新宿線沼袋駅北側の沼袋氷川神社(中野区沼袋1)で9月18日、「NUNO JAZZ FESTA(ヌーノジャズフェスタ)2016」が開催される。主催は沼袋・野方まちおこしジャズ実行委員会。(中野経済新聞)

(関連フォト)「Ayuko(Vo)カルテット」の演奏(昨年の様子)

 9回目を迎えた同フェスは、昨年6000人を動員した人気の街おこしイベント。今年のテーマは「NU×NO」。フェス名の「NUNO」は「沼袋」と「野方」それぞれの頭文字を取ったもので、沼袋と野方をいろいろな形でコラボするというもの。「ジャズ」「グルメ」「国際交流」「三本願い松に触れる夕べ」などのコーナーを設け、「NU×NO」を意識したイベントづくりをしているという。

 出演者は、「TRI4TH」「土田晴信オルガンカルテット」「Ayuko(vo)クインテット」「ATOM SAXOPHONE QUARTET」「TSUMUZI a.k.a. 変拍子の貴公子」「鐘ヶ江隆二&MOCCO'S」「TK&the blues blasters」「三日月の詩」「THE PEOPLE」「松村ショータロー」「タイチジャングル」「須田さとし」「帝京平成大学JAZZ研究部」「都立鷺宮高校吹奏学部」「中野区立平和の森小学校吹奏楽団」ら。

 屋台は地元飲食店を中心に出店、キッズ向けには沼袋ベーゴマ倶楽部がベーゴマ大会を今年も開催予定で、「オリジナルベーゴマ」も発売する。

 同イベントは昨年に引き続き、同区内に滞在・避難している東日本大震災の被災者たちを招待し、被災地支援物産展も開催。販売収益の一部を義援金として送るなど、チャリティーライブとしても運営する。同フェスの実行委員長である辰巳まゆみさんは「素晴らしいアーティストたちが、さまざまなヌーノ感溢(あふ)れる音色を奏でてくれることを楽しみに、ぜひ見に来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 今回は、前日の同17日にも西武新宿線野方駅周辺の商店街と道路で「野方おさんぽJAZZ」と題したコラボイベントを開催予定で、初の2日間イベント。「実行委員会のメンバーも気合が入っている」と辰巳さん。

 開催時間は11時~21時。小雨決行。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8月31日(水)8時2分

みんなの経済新聞ネットワーク