ここから本文です

【フィリピン】メラルコと米テスラ、電池事業での提携検討

NNA 8月31日(水)8時30分配信

 フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)はこのほど、電気自動車(EV)大手の米テスラモーターズと小型蓄電池の事業で提携を検討していると明らかにした。9月にもテスラの幹部がフィリピンを訪問し、協議を開始する。30日付スターなどが伝えた。
 メラルコのアルフレド・パンリリオ上級副社長によると、両社は提携に向けて、既に電話で協議を行った。同副社長は、「テスラは自分たちのことを自動車メーカーではなく、バッテリー会社だと言っている」と指摘し、テスラと提携する可能性があるのはEV用充電ステーションではなく、小型蓄電池事業との認識を示した。ただ、マニラ首都圏パシッグ市に2年前に開設したEV用充電ステーションへも、テスラ幹部を案内する考えという。
 テスラはEV製造のほか、太陽光で発電した電力を貯蔵するバッテリーシステム「パワーウォール」を手掛けている。一方、メラルコは家庭用太陽光パネル事業やEV用充電ステーション運営に進出したい考えで、テスラの技術が役立つとみている。

最終更新:8月31日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。