ここから本文です

島津亜矢「復興支援コンサート」で故郷・熊本にこめた思い

東スポWeb 8月31日(水)10時2分配信

 演歌歌手・島津亜矢(45)が29日、「熊本地震復興支援チャリティーコンサート」を都内で行った。

 島津は熊本県植木町(現熊本市北区)の出身。コンサートには熊本のゆるキャラ「くまモン」も応援に駆けつけ、約800人の前で最新曲「阿吽の花」などを熱唱した。

 これまでコンサート会場に募金箱を設置して集めてきた400万円と、この日の入場料を合わせた義援金を熊本に届ける予定で「震災後、まだ熊本に行けていない。状況が整って時間があればすぐにでも駆けつけたい」と話した。

 ステージでは、2003年にリリースした「おもいで宝箱」も披露。「支援物資や寄付金は、復興に欠かせないものだと思いますが、他にも絶対欠かせないものがあります。それは『ハート』です。支え合うという気持ちです」と語ると感極まって号泣した。

「おもいで宝箱」はNHK熊本放送局開局75周年記念に作られた曲で、熊本県内の観光名所が、歌詞にちりばめられている。関係者は「避難所では『おもいで宝箱』がよくかかっていて、島津の元には『元気をもらっている』との手紙が送られてきていた。そういう曲だからこそ、感極まったのでしょう」と明かした。

 4月の震災では、島津の実家も被災したという。「かなりダメージも大きく、震災直後は家族も車で寝泊まりする状況だった」と同関係者。そのため今でも島津は家族と毎日、連絡を取っているという。

「復興はまだ始まったばかりです」と語る島津。これからも彼女の歌で、多くの人が元気になってほしいところだ。

最終更新:8月31日(水)10時2分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。