ここから本文です

マクラーレンに新たな火種?新CEOが今週末から着任

TopNews 8月31日(水)19時58分配信

ホンダパワーユニットの改善とともに着実に上向きとなってきているマクラーレン・ホンダだが、今後新たな火種がチーム内に生まれる可能性も出てきているようだ。

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「今年のモンツァは超高速レースになるだろう」

■ついにカピートがマクラーレンに着任

マクラーレンでは今年初めにフォルクスワーゲンのモータースポーツ責任者であったヨースト・カピートと契約。その後カピートの引き継ぎにかなり時間がかかったものの、ついに先週末のF1ベルギーGP(第13戦)の現場にそのカピートが姿を現していた。

その際、レーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、「彼はすぐに始めることになるよ。数日のうちにはね」と語っていた。

■マクラーレン首脳部の職務分掌は不透明?

事実、スパ・フランコルシャンに普段着で現れたカピートは、ベルギーではオブザーバーという立場に過ぎなかったようだ。だが、今週末のイタリアGP(9月4日決勝)ではマクラーレンのユニフォームを身にまとい、正式にマクラーレン・レーシングのCEO(最高経営責任者)として業務を開始することになる。

スペインの『Marca(マルカ)』によれば、ブーリエは最近、実際のところはマクラーレン総帥のロン・デニス、そしてカピートとブーリエがそれぞれに権限を分割することになると語ったという。

■自分がナンバー2、ブーリエはナンバー3だとカピート

だが、カピートはそれに対し、『Marca(マルカ)』に次のように答えている。

「いや、ロン・デニスはグループのCEOだ。マーティン・ウィットマーシュ(前CEO)が去って以降は彼がマクラーレン・レーシングでも同じ立場に立っていたはずだ。そして、そのポジションに私が就くことになる」

「簡単に言えば、私がブーリエのボスとなり、ロンが私のボスになるわけだ」

トップ争いができるチームへと復活するためにホンダとともに一丸となることが必要なマクラーレンだが、カピートの加入により内部に権力闘争のような不穏な動きが出てこなければよいのだが・・・・・・。

最終更新:9月1日(木)8時15分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。