ここから本文です

古谷徹デビュー50周年記念「古谷徹×影山ヒロノブ」初対談がついに実現! アニメ主題歌カバーCDやファンブックのジャケットも公開!

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月31日(水)10時43分配信

今年、声優デビュー50周年を迎えた声優 古谷 徹が、このたびデビュー50周年を記念して、アーティスト影山ヒロノブとの初対談が実現した。

また、あわせて50周年を記念に発売されるミニアルバムとファンブックのジャケット写真も公開された。

古谷徹は1953年7月31日生まれ。主な出演作品は、『巨人の星』(星飛雄馬)、『機動戦士ガンダム』(アムロ・レイ)、『ドラゴンボール』(ヤムチャ)、『聖闘士星矢』(ペガサス星矢)、『きまぐれオレンジロード』(春日恭介)、『美少女戦士セーラームーン』(タキシード仮面)、『名探偵コナン』(安室透)、『ONE PIECE』(サボ)など、話題作品の声優を数多く務めている。

また、アニメ以外でもTV番組やCMのナレーションはもちろん、バラエティ番組やイベントへの出演、歌唱の披露といった、一言では括りきれないジャンルにて、男女共に幅広い年齢層のファンを魅了し続けている。

そして、デビュー50周年を記念して、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」と「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」の2曲を歌い上げ、古谷と同じく男女共に幅広い年齢層のファンを魅了し続けてきたアーティスト“影山ヒロノブ”との対談が、ついに実現した。

9月23日(金)発売のミニアルバム『古谷徹 50TH Anniversary 「Thanks♪ -感謝-」』の収録曲は、全て古谷徹自ら選んだもので、今回偶然にもその2曲のアーティストが影山ヒロノブだったことから対談が実現した。

過去イベントや番組での共演はあったものの、意外にも対談は初めてとなる二人。注目の記念対談「古谷徹×影山ヒロノブ」のインタビューの模様は、9月23日(金)発売のファンブック『古谷徹 50TH Anniversary 「Thanks▽ -感謝-」』に掲載される予定。(※▽はハートマーク)

さらに同日発売のミニアルバムとファンブックの表紙のジャケットも、本日公開となった。

どちらも青を基調とした衣装に身を包んだ古谷徹の撮りおろしショットとなっており、ミニアルバムのブックレットにはもちろん、ファンブック内にて数多くのグラビアが収録されている。

50周年を記念とした記念対談や、ジャケットの公開など、ますます加速していく古谷徹50周年記念プロジェクトの今後の追加情報に、ぜひ引き続き乞うご期待!

●リリース情報
古谷徹 50TH Anniversary「Thanks♪ -感謝-」
9月23日発売

価格:¥1,389+税

<CD>
「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
 作詞:森 雪之丞 作曲:清岡 千穂 編曲:酒井陽一
「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」
 作詞:只野 菜摘 作曲:松澤 浩明 編曲:AstroNoteS
「めぐりあい」
 作詞:井荻 麟・売野雅勇 作曲:井上 大輔 編曲:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND+各インスト

※販売はアニメイト、ゲーマーズ、書泉店舗限定

最終更新:8月31日(水)10時43分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。