ここから本文です

AIを活用して海運市況を予測…商船三井と横浜国大が共同研究

レスポンス 8月31日(水)9時22分配信

商船三井と商船三井システムズは、横浜国立大学と「海運ビッグデータの分析と活用」に関する共同研究を実施することで合意した。

[関連写真]

共同研究では、横浜国立大学大学院環境情報研究院の長尾智晴教授の協力を得て、人工知能(AI)を用いて、経済や海事に関するデータを解析、海運市況や燃料油価格を精度高く予測できることを目指す。加えて、順次新たな研究を行い、経営支援ツールの開発を進める。

商船三井グループは、IT技術の利・活用を積極的に進め、各部門が持つ英知を結集、物流のビジネスパートナーとして顧客に選ばれる企業グループを目指すとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月31日(水)9時22分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]